「真のパートナーとの愛の営み(セック ス)とは?〜得られなければ探し求めて次々いけばよいのでしょうか♡」

一緒に心理学を学んでいる恩師や友人たちと
男性同士でキャンプに行き

ますます本物の男として
脱皮して帰ってきた夫が先日言いました。

「妻という存在との愛の営み(セック ス)
というのは、自分が永遠に
肉体も心も魂も味わえる
たったひとりのVIP(夫)として

妻を死ぬまで
愛(いつく)しむことが出来るという
ことなんだね。

なんというありがたいこと
なんだろう。

俺しか味わえないのだから
あなたのすべてや
あなたといられることを
もっと大切にしなくちゃね。」


それを聴いた私は

女性として
これを待ち望んでいたのだなあ、
幸せだなあ、と
涙が頬をつたいました。

パートナーとの愛の営みは

肉体レベルから心のレベル
そして最終的には魂レベルへと
進化していきます。

肉体レベルにいるうちは
飽きないように刺激が必要だったり
技巧を凝らしたり回数を競ったり
肉体だけの満足を求めたりします。

心レベルにくると
大好きだなあ、安心するなあ、
ますます素敵に感じられるなあ、
やっぱりこの人しかいないなあ、など
相手との愛情を分かち合う満足が
得られるようになります。

多くの二人は肉体と心レベルを
いったりきたりのような感覚で
営みを行い、やがて肉体レベルは
卒業し、心的なつながりが営みと
なって死んでいきます。

しかし

実は心レベルより
もっと深いレベルに進むことが
可能なのです。

それは
魂レベルです。スピリチュアルセック ス
とでもいいましょうか。

相手とはもちろん
神や宇宙との一体感や肉体レベルの
過去の体験を超えたエクスタ シィが
得られるレベルです。

相手と自分との境界線や
分離感が一切なくなり
自我も溶けてしまうという
強烈かつ甘く温かく豊かな
至福感覚を得られます。

(最近、キメ セクと呼ばれ
薬物プラス性行為により過激で
恍惚とした体験をするのが若者の間に
流行っているようですが

好きでもない人と、または、
外側からの力を借りて
得る刺激的な体験は魂レベルとは
正反対の闇のレベルですので
それとは全く違います。)

スピリチュアルなセック スに向けて
段階を進んでいく真のパートナーとの
営みを体験するためには

隣の芝生みたいに、
幸せの青い鳥みたいに、

この人は違う、
この相手でも極めるのは無理だ、と
パートナーを次々探し続けても無理です。

他から誘惑がくるたびに

目の前の大切な人を
真のパートナーとしてもう一度
選ぶこと、

そして、

愛の営みに対して正直な
コミュニケーションを続けていくこと、
これしかありません。

複数回結婚してみた私たちだからこそ
尚更、これは体験的にわかります。 

来月私たち夫婦は
私の50歳の誕生日記念に
二人でヌ ード写真を
撮ろうと思っています。

今の等身大で自然な
パートナーシップを
写真というアートに残し

そこをゼロとして
愛の営みの段階を
誠実に一歩一歩進んでいく
記念碑にしたいと思っています。

フランス人映画監督で
アーティストの方に撮っていただく
ことになったことも
必然の出逢いに感じます。

これからも
真のパートナーとの
愛の営みを体験しつつ

この世界に
真のパートナーシップを持ち
喜びや幸せを体験できるカップルが
増えていくよう

リーダーシップ
(おせっかいとも言う w)を
発揮していきたいと思っています。

HAPPY RELATION's LUNA ~人間関係総合アシスト~

【HAPPY RELATION's LUNA】は、様々な人間関係をより善くするために、 クライアント様へ新しい気付きをもたらすアシストを行っております。 LUNA Relations(人間関係) LUNA Medical(医療・福祉・介護) 2つのカテゴリーで、皆様に最適なサービスをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000