ご推薦の声

各業界より、カウンセリングルームHAPPY RELATION's LUNAの活動にご推薦を頂戴しております。

ご参考ください。

泌尿器科専門医
篠崎 哲男 先生


「現代の医学における当然の考え方として

”人を全人的な存在としてみる”

”心身相関”

というものがあります。

すなわち、健康を保持したり、

健康を取り戻したり、

健康状態をよりよくするためには、

心と体の両方を

同時に整え、

人を

心身を備えた

総合的包括的な存在としてみていくことが

重要であるという ことだと思います。

私は普段、泌尿器科専門医として

多くの患者さんを診て、治療をおこなっています。

その中で、実感するのは

体だけに対して治療しているだけでは

十分とは言えない、ということです。

手術などの治療がうまくいくことは

大変重要で必要不可欠なことです。

しかしながら、もし、その裏で

その人が心の悩みを

抱えているままであれば、

全体的、全人的にみると

その人がトータルで

健康を取り戻すことが

遅れたり、できなかったり、

または、

健康自体をありがたく思えなかったり

するのではないでしょうか。

身体を健康に保つのが大切なように

心を健康に保つのも大切です。

心身相関であるなら、

健康状態維持のためには

両方かかせないメンテナンスだと思います。

心と身体のカウンセリングルーム

HAPPY RELATION's LUNA(ハッピーリレイションズ ルナ)

〜人間関係総合アシスト〜は、

代表を私の姉夫婦がつとめています。

姉弟としては手前味噌ではありますが、

決して、身内びいきだけではありません。

姉夫婦の持つ、心の分野における

現代医療・介護・保健の担い手としての役割や、

たぐいまれなる心理臨床の能力は、たくさんのクライアントの皆様に

自信を持ってご推薦できるレベルだと

確信しております。

家族から、推薦されることは

一般的に考えても稀なことかもしれませんが、

それを越えて余りある人的資源と本心から考えております。

一度、足を運び、姉夫婦のカウンセリングやコーチングを受けてみてください。

特に、心の悩みがなくても

健康を保つために定期的に心をメンテナンスしに通ってみてください。

きっと、心身相関として身体の健康も保たれ、

素敵に年齢を重ねていくことができるはずです。

                                     2016年5月吉日 篠崎哲男

東京未来大学 准教授
日本Brainspotting協会 会長
日本ソマティック心理学協会 運営委員
日本TFT協会 監事
Basic-Ph Japan 監事
藤本 昌樹 先生


以前、職場でご一緒させて頂いた齋藤(岸田)敦子先生が、

HAPPY RELATION's LUNAというカウンセリングルームを開設された。

齋藤(岸田)先生は、性格も明るく、会うだけでパワーをもらえるような、非常に魅力的な方である。

職場でご一緒させて頂いた時から、大学教員をしながら、全国で様々な講演をされて活躍されていた。

 保健師と助産師の国家資格を取得され、看護大学の教員をされている経歴から、

いのちの授業・性教育講演講師として活躍されている。また、執筆活動にも取り組まれ、

「愛する二人のSEXの授業」(三笠書房)は1万部も売れ、現在は電子版のみになったと伺った。

そして、お会いした時からカウンセラーとしても活躍されて、様々な方を救った方である。

 人の幸せは、詰まるところ、

愛があるか?愛を感じられるかどうか?

人と親密な関係性を持てるかどうか?

それによって、自分が幸せと感じられるかどうかで決まってくる。

その一方で、それを意図して、実践しサポートしていけるカウンセラーの存在というのは少ないと思うのである。

 そうした中で、齋藤(岸田)敦子先生は、人と繋がりで最も大切な愛をキーワードとして前面に出し、

それを語ることができ、人を支えていける希有なカウンセラーだと言える。

 今回開設されたカウンセリングルームであるHAPPY RELATION's LUNAも、ご主人と開設されたそうだ。

きっと、愛情に充ちたカウンセリングルームとなって、人間関係や、生と性に迷う人々をサポートし、

道を開いていくカウンセリングルームになっていくことと思う。

 人生において迷いがあったり、なかなか本当の人との繋がりを持てない気がしたりする人々には、

齋藤(岸田)敦子先生に会いに、HAPPY RELATION's LUNAを訪れることを勧めたい。

そして、世の中の愛に迷う人のためのカウンセリングルームとなっていくことを願ってやまない。


                                     2016年6月吉日

                                             藤本 昌樹